17 2017

壺阪寺への道 ④壺阪寺境内


五百羅漢からお寺の参道に戻って参りました。

IMG_5095mini.jpg




だんだんお寺が見えてきます。

IMG_5097mini.jpg




絵葉書みたい。

IMG_5099mini.jpg




気が逸る~。

IMG_5100mini.jpg




こんちには!

IMG_5010mini.jpg

入山料は大人600円、小人100円。




入口受付に連なる講堂も気になったのだけど、日暮前に境内を一周すべく先へ進む。

IMG_5106mini.jpg

階段を上ってと。山間に広がる境内は歩くだけでも高低差が楽しい。




この時期の側溝は✿専用。

IMG_5109mini.jpg




仁王門であります。

IMG_5110mini.jpg

お遍路さん姿で何やら撮影されていたみたい。




だ、誰が履くの!?って、仁王さんの下駄だよ!

IMG_5112mini.jpg

でか~。履くというより乗ったのでした。




下駄に乗ってひとりで声出して笑ってたら少し順番待ちができてた。恥ずかしかった。




下駄の持ち主仁王さんです! うんっ!

IMG_5114mini.jpg




ああっ!

IMG_5115mini.jpg

仁王門をくぐりますと、




左手には手水舎。

IMG_5119mini.jpg

桜に抱かれているみたい。



右手には、なんじゃありゃ。

IMG_5117mini.jpg




仏像群!しかもそこそこ大きい!そして新しい!

IMG_5120mini.jpg

白々と輝いていらっしゃいます。



誘惑が多過ぎる。よそ見せず順路に戻らなくては。




多宝塔。

IMG_5123mini.jpg

H15壺阪寺1300年記念に際し建立したそうです。いや~美しいですね~~。



本堂はさらに上かな?あそこにも塔が見える。

IMG_5124mini.jpg




マンホールだっておしゃれするんだもん。

IMG_5125mini.jpg




わー絵葉書!

IMG_5126mini.jpg




階段踊り場に千手観音。このような小さな石像が拝みきれないくらい境内中に沢山おわす。

IMG_5128mini.jpg




超 Coooool!

IMG_5129mini.jpg




慈眼堂でございます。

IMG_5131mini.jpg




三重塔の全貌。重文でございます。

IMG_5133mini.jpg

明応六年製。こちらも美しい構造を飽かず見ていられる。




本堂はどれかな、これかな。

IMG_5135mini.jpg

禮堂。重文。 裏側に来てしまったみたい。




禮堂の隣に八角円堂。どうやらこちらが本堂のようだ。

IMG_5136mini.jpg

入口を見つけなきゃお参りできないじゃ-ん。ちょっと戻ろうか。



はい回れ右。



あら?



あれは何ぞ?

IMG_5153mini.jpg

もしやもしやもしや~~~?



もやしじゃないのよつづく。







スポンサーサイト